プロフィール

ブルガリアンなモヒロ

Author:ブルガリアンなモヒロ
名前 : モヒロ
性別 : 男性
在住 : 渋谷
勤務 : 東銀座
職業 : 広告業 イベント系
血液 : A型
趣味 : ブログ
野望 : 全国○○○○制覇
憧人 : 吉良吉影

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気分の波 ・・・。

3月が終わります。
この1ヶ月間わ本当にいろんな事がありました。
仕事の再起動、そしてメロメロに恋に堕ち、心の病にもヤラれました・・・。

スガスガしい気分になったり絶望に落ち込んだり・・・
このところいろんな事が起こるんで
気分の波の差が激しいよ・・・

kibunnnonami02.jpg

きっとおいらも、この苦難を乗り越えたら、
新しい「第3の能力」が身に付くハズ。

それわ、どうしようもなく追いつめられた時だけ、
偶然的に生み出す事のできる「能力」。
そう願って頑張ろうっ。

意味がよく分からない人わ、
とりあえず急いでジョジョ第4部を読むべしっ。
スポンサーサイト

発作 ・・・。

皆さん、 「パニック障害」 という言葉(病名)を聞いたことがありますか?
ブログ記事に書こうかどうか本気で悩みましたが、
書く事で、自分を取り戻すきっかけになればと思い、
頑張ってカミングアウトしてみます。

おいら、先日(3月25日)の記事で「精神科」に行った話を書きましたが、
その後もあまり調子が良くなくて病院に通ってました。
時々、意味が分らない発作が起こるのです。
突然の動悸? いや、息苦しくなる、というか意識が遠のくというか・・・。
そして、それに対する物凄い不安感に襲われます。

で、病院で身体を隅々まで検査しても、どこにも異常が無いんです。
でも、なぜか突然、発作が起こる・・・。
コレわ一体 何なんだろう??? って思ってです。
もう「精神科」で調べてもらうしかないかな、と。

そして、症状や心情をいろいろ調べているうちに、
おいらの身体の不調の原因が明確になりました。
それが、冒頭に書いた 「パニック障害」 という病気です。 

その 「パニック障害」 にもいろいろあって、
おいらの場合 「パニック発作」 と 「予期不安」 というものです。

◎ウィキペディアでの 「パニック障害」 の解説わこんな感じ。

> 定型的なパニック障害は、
> 突然生じる「パニック発作」によってはじまる。
> 続いてその発作が再発するのではないかとおそれる「予期不安」と、
> それに伴う症状の慢性化が生じる。
> さらに長期化するにつれて、
> 症状が生じた時に逃れられない場面を回避して、
> 生活範囲を限定する「広場恐怖症」が生じてくる。

> パニック障害の患者は、
> 突然、動悸などの自律神経症状と強い不安感に襲われる。
> 自律神経症状には、
> めまい、動悸、手足のしびれ、吐き気、息苦しさなどがある。
> 不安感には、漠然とした不安と、
> 死ぬのではないか、気が狂うのではないかなどの恐怖感がある。
> 患者は、これらの症状に非常に困惑し救急受診をすることも多い。

> 患者は、パニック発作に非常に強烈な恐怖を感じる。
> このため、発作が発生した場面を非常に恐れ、
> またあの恐ろしい発作が起きるのではないかと不安を募らせていく。
> これを「予期不安」という。
> そして、患者は神経質となり、
> いつも身体の状態を観察するようになる。
> そして、持続的に自律神経症状が生じることとなり、
> パニック発作が繰り返し生じるようになっていく。


まさに、ドンピシャでこの症状なのだ。
突然生じた 「パニック発作」 わ何が原因だったのか不明ですが、
(おそらく年末年始の身体への不安の延長線上のモノと思いますが・・・。)

その1発目の症状が電車に乗ってるときに起こったせいで、
それ以来、電車に乗るのが怖くなってしまいました。
そして、電車に乗ると、
「また電車の中で発作が起こったらどうしよう・・・。」
って異常に考え過ぎてしまい、その不安のせいで発作が起こる・・・、
その繰り返しなのです。

現時点でわ、まだ軽い症状なので、
特に生活する上で大きな支障わありませんが、
コレが悪化すると、人前に出れなくなったり、
更にわ、家から出られなくなってしまう事もあるとかっ!?

今わ、原因も明らかになったおかげで、
「これわ身体の病気でわなくて、気の持ち用で左右されているだけ。」
と自分に強く言い聞かせて安定してます。
そう自分で自分を理解する事で、発作が起こらなくなるのです。
それと、安定剤みたいな薬を飲みながら治療しています。

本当にあるんですね、こういう心の病気が。
実際に自分がそうなるまで、正直、理解できない病気でした。
心配症な人や神経質な人、
そして仕事熱心な人に起こりやすい病気らしいです。

病院の先生曰く、
「今の世の中を象徴する、ストレス社会に多い現代病です。」 と。
最近、凄く多いらしいですよ、この病気。
1日に2~3人、そういう症状を訴えてくる方がいる様です。

おいら、今は新しい会社で新プロジェクトを立ち上げている真っ最中です。
そしてドキドキの恋もしています。
心の病気に侵されている場合でわないのです。
絶対に乗り越えてみせますよ。

toraburu01.jpg

08桜 ・・・。

ちょいとバタバタといろいろありまして、
皆さんのブログにもなかなか顔を出せずにすみません。
とりあえず時事ネタで桜です。
よく見ると東京タワーが写り込んでます。

08sakura01.jpg

フォンデュ ・・・。

今日のランチわ「チーズフォンデュ」。
とっても美味しいのだ。

chi-zufonndhi02.jpg

連載②【恋愛編02】 ・・・。

本編(今の恋話)に突入する前に、前回に引き続き過去の話を。

前回の話を読んでない方はまずコチラを。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
連載②【恋愛編01】 第1章 過去のトラウマ part1


第2章 過去のトラウマ part2

それからの数年間、何人かの人とお付き合いしましたが、
僕の心わ相変わらず閉ざされたままの状態。
また同じ事を繰り返すのか?と自分で自分に言い聞かせ、
表向きわ楽しく元気に振舞っていましたが、
やはり、どこか物足りない気持ちが僕を支配してました。
心を閉ざしたままの僕の交際は上手く発展する訳も無く、
数ヶ月の付き合い、の繰り返しでした。

そして24歳のとある日、
今時にわ珍しいとても素直で純粋な5つ歳下の女性と出逢いました。
今まで出逢った事のないタイプの女性でした。
しかし、好きだったかどうかは、・・・正直微妙でした。
過去のトラウマから、好きという感情を必死で抑えようとする、
もう1人の自分が存在したのです。
だけど、こんな純粋な心を持ってる彼女となら、
もしかしたら上手く付き合えるかも、
久々にそんな事を想わせてくれる素敵な女性でした。
そして2人わ付き合う様になりました。

付き合って僅か3ヵ月後、急展開で同棲する事になりました。
彼女からの強い希望もありましたが、
初めての同棲、何か自分が変わるきっかけになるかも、
そんな風に考えた結果の行動でした。
正直なところ、この時点で彼女への愛わありませんでした。

しかし、彼女の純粋さわ付き合ってからも変わる事わなく、
いつも僕の心を支えてくれました。
そんな健気な彼女に、僕の頑なな心わ次第に解き放たれ、
徐々に彼女に強く惹かれ、いつしか虜になっていったのです。
彼女との同棲生活がまる3年を過ぎた頃、
僕は彼女との結婚を意識する様になりました。

10年以上続けてきた音楽(プロへの夢)を諦め、
そして僕わ、人生初の就職をする事になったのです。
もちろん、彼女との結婚を強く願ったからです。
それまでバイトしか経験のなかった僕でしたから、
正直、結婚して彼女を養っていけるのか凄く不安でした。
だから、しばらく働いてみて、
自分に自信が持てたら彼女にプロポーズしよう、
そう心に決めて、とにかく必死で必死で働きました。
それが、彼女を放ったらかしにしている事にも気付かずに・・・。
そして、無我夢中で仕事に全エネルギーを注いでいた僕わ、
そんな彼女との心のすれ違い、
孤独を感じていた彼女の気持ちに気付く事なく、
就職して半年が過ぎた頃、彼女わ僕の前から消えました。

全てわあなたの為に頑張って働いたのに・・・。

僕の想いを伝える事もないまま、
彼女わ居なくなりました。

本当に落ち込みました。
これが最後の恋だと思ってました。
もう、この先、自分わまともに恋する事が出来ないだろう、
人を愛する事が出来なくなってしまったのだろう、
そう諦めました。
こんな苦しい想い、悲しい想いをするくらいなら、
もう恋愛なんてしたくない、って・・・。
そんな僕の最終的な決断は、
自分の気持ちを割り切って「嘘の愛を演じる」事、でした。
そうすれば苦しまないで済む、って・・・。

そして、その後、
28歳の時に出逢った女性と「偽の恋愛」スタートです。
気楽なモンでした。本当に気楽な毎日でした。
彼女の事を想い、苦しむ事が無かったからです。
だって本当の想いわソコにありませんでしたから。
彼女が浮気してるかも、と感じた時も、
悲しいとか切ないとか、そんな感情すらなかったですし、
なんとなくお互い都合がいいから2人は一緒にいるだけ、
そんな寂しい生活を送ってたのです。

僕は仕事に全てを注ぎ込み、
そしてあっという間に4年が経ちました。
そんな、傍から見たらとても虚しい恋愛をしてました。
もはやコレわ、恋愛でも何でもないですね。
でも何故か、不思議と居心地の良い彼女でした。
恋人と言うよりも兄妹と表現するほうが近かったのかも。
僕は恋愛の捉え方を大きく踏み外していたのです。

そして、そんな僕を動かしてくれたのが、
先日(年末年始)の病でした。
死ぬかもしれない、と本気で考えさせられた時、
1度しかない人生、失敗を恐れずに、
何事にも全力でチャレンジしなくちゃ。
嘘の恋愛を重ねて何が残るんだろう・・・。
もう1度、本当の恋がしたいって強く思いました。
そう気付いた僕わ、彼女との別れを決意したのです。
時間が掛かりましたが、「嘘の恋愛」に終止符が打てたのです。

そして今、新しい人生をスタートした僕わ、
ついに本当の恋に巡り逢えたのです。
それわ・・・。

第3章に続く。
(次回からやっと本編に突入です。)

串揚げ ・・・。

ランチに串揚げを食べた。

kushiage01.jpg

超ぅ~美味しかった。
コレで840円わ安いね。

とんぷく ・・・。

昨日、病院に行って薬「とんぷく」を貰ってきた。
久々に(軽いですが)不整脈らしき症状が出ましてね・・・。
自覚わないけど、また精神的な何かが原因なのか? って思って、
怖かったですが、初めて「精神科」という領域に足を踏み込んでみました。

tunnpuku02.jpg

診断結果わ、
まぁ、問題ないでしょうけど、
一応、即効性のある薬「とんぷく」を出しておきます、って。

年末年始の病に掛かって以来、自分の身体の事が凄く気になるんです。
ちょっと調子が悪いと直ぐに不安になっちゃう。
若い頃わそんな事、少しも考えなかったのにね。

自分の身体を心配し過ぎて、
その結果、考え過ぎて身体に影響が出ちゃう・・・、
そんな悪循環な不安障害になる方が多いそうです。
おいらの場合わ全然軽い状態なんで大丈夫だろうけど、
あんま考え過ぎちゃダメ、って、先生からも、そうアドバイスされました。

tonnpuku01.jpg

ところで「とんぷく」って、何の事か知ってますか?
「とんぷく」とは飲み方の事らしいです。
食後とか食間とか、薬には飲み方がありますが、
「とんぷく」もソレと同じで、意味は「必用な時に飲む」ですって。

でも、どうして可愛く平仮名で書いてあるんだろね。
漢字で「頓服」って書くと読めない人がいるかも知れない、っていう配慮かな?
だとしたら病院名や用途も平仮名にしなくちゃ、だよね。

悲劇 ・・・。

夜食にカップ焼きそばを食べようと思ったら、・・・

kappuyakisoba01.jpg

湯きり口の穴の空いた紙ごと剝がれてしまった・・・(焦)。
ガァ~~~ン。 ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!
湯が切れねぇ~・・・。

クレーム ・・・。

クリーニング店での出来事です。
先日(20日)に仕事着のジャケットやらパンツをクリーニングに出しました。

◎ ジャケット (黒/ストライプ柄)
◎ ジャケット (グレー/ストライプ柄)
◎ パンツ (茶/千鳥柄)
◎ ベスト (クリーム色)
◎ Yシャツ2枚 (白/ストライプ)

の6点です。
仕上がりわ22日(土)との事。
で、黒のジャケットわ、ボタンが取れかけてたので、
そのボタンの取り付けもお願いしました。
そしたら、それだけ23日(日)昼の仕上がりになる、とか。

なので、2日間連続引き取りわ面倒だし、
それなら全部まとめて23日(日)昼の仕上がりでいいですよ、
って事にしました。

で、23日(日)の夕方に引き取りに行くと、
なんと、ジャケット (グレー/ストライプ柄)が仕上がってないとか。
そん時の店員とのやり取りはこちら。

店 員 「あれっ、グレーのジャケットだけ仕上がってないみたい!?」
おいら 「えっ! 23日の昼に全部仕上がるハズですけど。」
店 員 「きっと、ジャケットにシミでも付いてたのかもねぇ~。」
おいら 「いやいや、平日わ取りに来れないから急ぎで頼んだハズですよ。」
店 員 「きっと、急ぎのフダが取れちゃったのかもねぇ~。」
おいら 「で、どうなるんですか?」
店 員 「工場は今日お休みだから、明日確認して連絡しますね。」
おいら 「あ、・・・明日って、平日は取りに来れないんですけど。」
店 員 「でも今は無いのよ。たまにあるのよね、こういう事。」
おいら 「たまにあるって・・・、それで済ますんですか?」
店 員 「きっと、シミが付いてて仕上がりが遅れてるんだと思う。」
おいら 「普通、仕上がりが遅れるなら事前に連絡してくるんじゃないの?」
店 員 「たくさんのお客さんがいるから、全ての連絡はできないの。」

おいら 「っつ~か、それはあんたらの都合だろっ!!!」

ココまできたら、おいらもブチ切れました。

butikireru01.jpg

いや・・・、頭の事わ何も言ってませんが・・・、
おいら、間違いを認めないって事に凄く腹が立つんです。
意地でも謝らないのかいっ!ってね。
最初は優しかったおいらの言葉遣いも、
徐々(ジョジョ)に荒々しくなり、そして凄い勢いで怒りましたよ。
この段階で、どうやらその店員も状況を察した様子。
慌てて訂正と詫びの嵐。

店 員 「えっ(愕)。」
おいら 「原因は何処だよっ!俺が間違ってる部分が1つでもあるかっ!?」
店 員 「い、いや、すみません、全てこちらのミスです・・・。」
おいら 「で、どうしてくれるの?」
店 員 「出来上がり次第、自宅にお届けしますので。」
おいら 「だから、平日は受け取れないって言ってるだろっ!」
店 員 「どうしたらよろしいですか?」
おいら 「会社まで届けろよっ!」

そんな経緯があり、後日、銀座のオフィスまで届けてもらう事で了承し、
フンッ、ってな感じで、仕上がっている服だけ受け取って店を出ました。

おいら 「やれやれ、だぜ。」 (← ソレわ承太郎・・・。)

しかし、家に向かう途中、なんだか嫌な気持ちになりました。
勢い余って感情論になってしまったな、と凄く後悔しました。
あぁわ言ったものの、銀座まで届けるって大変だよな・・・、
急ぎって言ったって、今すぐ絶対にジャケットが必要な訳じゃないし・・・。
店員さんも悪気があった訳じゃないのに、嫌な気分になっちゃただろうなぁ。
おいら、嫌な客になっちゃったかな・・・。

気付くと、おいらわもう1度クリーニング店に戻っていました。

おいら 「さっきわ感情的になって言い過ぎました。すみませんでした。」
店 員 「いやっ(愕)、こちらの不手際ですから。」
おいら 「だけど、銀座まで届けるって大変ですもんね。
       早く帰社できる時に取りに来るんでお届けの件わ忘れてください。」
店 員 「いえ、私共のミスなんで、お届けしますから大丈夫です。」
おいら 「いや、本当に大丈夫です。仕上がったら連絡ください。」

仕事でクレーム処理やらトラブル処理を沢山経験してるからですかね。
クレームを叩き付けられた時の嫌な気持ちが痛いほど分かるんです。
今回の件、おいらわ1つも間違った事をしてないですから、
普通に考えたら銀座まで届けるのも当たり前の事なんでしょうけど、
あの人(店員)、上から怒られちゃうのかな?とか、
この後、嫌ぁ~な気持ちでしばらく過ごすんだろうなぁ、とか、
そんな事ばかり考えてしまい、おいらも嫌な気持ちになってしまいました。

でも今わ、クリーニング店に戻って良かったって思ってます。
勢い余って言ってしまった事への詫びができて良かったです。
寛大な大人になるにわもう少し時間が掛かる様です、おいら。
あの場で冷静に対処できる大人にならなくちゃ、
そんな事を考えさせられた出来事でした。

kuri-ninngu01.jpg

※「叙情歌」でありながら、最近「ジョジョ」ネタが少なかったんで、
  ちょっと強引ですが取り入れてみました(笑)。

無人カフェ ・・・。

おいらの住まいわ知っての通り「代々木」です。
新宿と原宿・渋谷の間にありながら、全然都市感の無いエリア。
まぁ、繁華街でわなくて、いわゆる学生街。
専門学校(美容系、アニメ系、服飾系)や、
予備校(代々木ゼミナール)が多く立ち並ぶエリアなのです。

なので、平日の日中わ学生さん達がウジャウジャと溢れ返っていますが、
それ以外の、夜や休日となると、めっきり人影が無くなります。
平日の日中わゴッタ返しているお店も休日はスカスカ状態。
コレが実わ穴場。

おいら、休日に仕事をする際わ、カフェに出向いて作業します。
家だとね、どうしても誘惑が多いですからね。
テレビとかゲームとかベッドとか・・・ あとブログとか・・・。

そして今日もカフェで一仕事を。
今日わいつもにも増して人が少ない。

kafedeosigoto01.jpg

完全な無人カフェです。
貸切り状態で静かな環境の中のお仕事。
とっても捗りますよ。

コーヒー一杯で5時間コースです(笑)。
PCの電源もちゃっかり(こっそり)借りちゃったりしてね。

連載②【恋愛編01】 ・・・。

本編(今の恋話)に突入する前に、まずわ過去のこんな話を。

第1章 過去のトラウマ part1

遡る事10年前・・・。
1997年(22歳)の夏に大恋愛しました。
それわ、自分が見えなくなる程、自分を見失ってしまう程、
本当に本当に心から愛した3つ年下の女性でした。
出逢いわ衝撃的、出逢った瞬間に2人わ恋に落ち、
そして、出逢ってから僅か1週間程度の事、
必然かの様に2人わ結ばれました。それわドラマの様。
運命って言葉すら頭を過ぎる程でした。

自分を完全に見失ってしまった僕。
当時、音楽をやっていた僕でしたが、音楽の手わ見事に止まり、
そして、他の何も見えなくなり、彼女が全ての毎日になりました。

毎日毎日、彼女の事を想いました。
毎日毎日、電話して話をしました。
毎日毎日、愛を確かめ合いました。

時間が空けば彼女と逢いました。
海に行ったり遊園地に行ったりカラオケに行ったり。
何をしてても彼女がそばに居るだけで楽しかった。
とにかくとっても輝いていた毎日。まさに夢見心地。
逢えば逢う程、彼女への想いわ募るばかり。
もう、彼女無しの生活なんて考えられませんでした。

しかし、しかし、事件わ突然起こりました。
どこまでも大きくなる僕の彼女への想い・・・。
それが日に日に彼女にわ重荷になってしまった様です。
運命さえ感じていたのに、
それが彼女も望んでいる事だと思っていたのに・・・。
たったの4ヶ月で破局してしまいました。
彼女の最後の言葉わ今でも鮮明に覚えています。

今まで知り合った人の中で1番大切にしてくれた。
今まで知り合った人の中で1番自分を必要としてくれた。
今まで知り合った人の中で1番自分を愛してくれた。
でも、今の私でわソノ想いに応えてあげられない・・・。
これが最後の私のわがまま・・・、ごめんね。

って。
この時の事、想い出すと今でも涙が出ます。
ソレ以来、僕わ人を好きになる事に臆病になりました。
自分から恋する事、攻める恋ができなくなり、
受け身の恋愛を望む様になってしまったのです。

それから数ヵ月後、完全に腑抜け状態の僕わ、
まだ失恋の痛みが消えないまま、
2つ年上の女性と出逢いました。
彼女わとても大人で素敵な女性でした。
僕がいつまでも前彼女の事を引きずっていたにも関わらず、
そのウジウジした情けない僕ごと受け入れてくれました。
そんな僕を全部愛してくれたのです。
そして新しい交際がスタート。
もしかしたら前の彼女の事を忘れられるかも知れない、
って思ったからです。
でも、月日がどれだけ流れても、
いつまでも心を閉ざしたままの僕。
そして交際を始めて半年が過ぎた頃、
彼女わこんな事を口にしました。

前の彼女の事、忘れられなくてもいい。
それでも私の事を愛してくれてればソレでいい。
私の事、愛してるの?

そんな彼女の想いに言葉を失う僕。
しばしの静寂後、意を決して僕わこう答えました。

本当にごめん、
今の俺でわソノ想いに答えてあげられない・・・。

どれだけ彼女を悲しませたのだろう。
どれだけ彼女を裏切ってしまったんだろう。
僕わ一体、何をやってるんだろう。
本当に自分が嫌になりました。

その後、ソノ彼女からの連絡が途絶えました・・・。

第2章に続く。

連載①【仕事奮闘記01】 ・・・。

年末年始に、仕事のストレス性の病気で身体を壊し転職を決意しました。
広告業界で約6年の経歴のおいら。
おいらが新しい職場として選んだのわ、
知人の勤める(経営する)小さなデザイン・クリエイティブ会社。
前社と比較したら、会社の規模も売上高も従業員数も、
全然、比較にならない程の小さい会社です。
しかも、おいらの専門分野わデザインでわありません。
おいらの専門分野わイベントです。

前社を退職した時、
数社のイベント会社から声を掛けていただいてましたが、
おいらが今の会社を最終的に選んだのにわ理由があります。

まず第一に、組織の一員(作業員)としての扱いでわなく、
会社を作る側(経営側)の立場としてポジションを置かせてもらえる事。

そして、専門分野でわないデザイン会社になぜ籍を置くかというと、
別に、デザインをこれから始める(心機一転?)って訳でわありません。
新しい分野の事業(イベント事業)を取り入れていきたい、という、
会社側の意向・考えがタイミングよく重なり、
社内に新部署(イベント室)を設立させてもらえる、
という環境があったから、なのです。

おいら、自分の考えで全てをやってみたい、という想いが強くあります。
6年間、前社で培ってきた経験と知識、ソレを試してみたいのです。
なので、たとえ規模が大きい会社だとしても、
既に染まっている枠の中での活動わ嫌でした。
小さな会社でも自分色の組織を作りたかったのです。
そんな願いを叶えてくれる、っつぅ~訳で、
迷う事もなく今の会社を選びました。

もちろん、リスクもあります。
あります、というか、かなり大きいリスクを覚悟の上で決めた事です。
これから新しく始まる新事業「イベント室」。
全て自分に一任してもらっている「イベント室」ですから、
全て「0」から構築していかなくちゃなりません。
そして、おいらの任された位置わ、社員というポジションでわないので、
自分の営業力で売上が立たなければ、おいらの給料わ1円も出ません。
自分の給料を自分で稼がなくちゃならないのです。
しかも、大きい会社でわないですから、もちろん資金力も小さい訳で、
万が一、ビジネス上で多大な損害を蒙ってしまったら、
ソレを補うのわ容易な事でわありません。
人生破綻・・・、なんて事も十分に考えられます(恐)。

なぜ、そんなリスクを負ってまで、
今の会社・ポジション(役割)を選んだのか???
前社を退社した時、
そこそこの規模の会社からも声を掛けてもらってましたから、
そっちの大きい会社に転職してれば、
間違いなく前社の時より給料わ大幅に上がりましたし、
ある意味での安心と権限を手に入れる事はできたと思います。
でも、おいらが狙うのわ、そこそこの給料ではなく大成なのです。
世の中で大成している人達わ、皆どこかで覚悟を決めて挑戦しているんです。
リスクを恐れて安心・安泰を選んでいてわ、人並み以上にわ成れないのです。
おいらの目指すところ、それわ年収1,000万円超え。
そして渋谷でマンション購入。(←結構、本気で考えている夢)

馬鹿げてる、と思う方もいるかも知れませんが、
おいらわ絶対に実現させてみせます。
もちろん、自信があるからこそ、勝算があるからこその挑戦なのです。

これからいろんな壁にブチ当たると思いますが、
それらも含めて、奮闘記として綴っていけたら、と思ってます。
今わ、4月からの本格始動に向けて、3月頭から準備を進めてます。
どんな準備をしてるのか、その内容わ、次回の記事で書きますね。

男飲み ・・・。

昨夜わ、前の会社の仲の良い同僚と飲みました。

otokonomi00.jpg

本音トークのぶつけ合い、そして深いビジネス話。
彼とわ3年以上の付き合いをしいてますが、
今まで被っていた皮を全て取り払って本音で話しました。

お互いの理解が深まった気がしました。
(一方的にそう感じてるだけかも知れませんが・・・。)
今わ清々しい身持ちで一杯です。

そして、銀杏わ最高っ!
2皿食べました。
そして居酒屋のカクテルは超不味い・・・。
もう少しどうにかならんものか・・・

シリーズ物 ・・・。

ちょっと新しい試みを。
この叙情歌で、シリーズ物をスタートしてみます。

その①わ 「仕事編」 です。
2月に退社して新会社での仕事の経過を時々報告してみます。

その②わ 「恋愛編」 です。
最近、素敵な恋をしました。その経過を時々報告してみます。

どんな感じになるか、どんな反響になるか、
やってみないと全く分かりませんがチャレンジしてみます。
つまらなかったら直ぐやめるかも知れません・・・。
その旨、予めご了承くださいませ。

でわでわ、近日中に初回記事をUPしますんで、乞うご期待。

フォアグラ ・・・。

昨夜は仲の良いお友達とディナーしました。
渋谷の「某s」ってお店です。
渋谷のど真ん中にありながら、落ち着いた雰囲気の良いお店です。

お店情報わコチラ。
↓↓↓↓↓↓↓
房s渋谷のHP

foagura.jpg

「フォアグラのソテー 栗のパンケーキ添え」 を食べました。
久々にフォアグラ食べたね。超美味しかった。
フォアグラわおいらが1番大好きな食べ物なのです。
甘い栗のパンケーキとの相性も絶妙。

写真じゃ分かり難いけど、
このフォアグラ、サイズが「iPod nano」より一回り小さいくらいの量・・・。
コレで ¥1,300。
でも美味しかったからOKです。

そして、とっても楽しいディナーでした。
あっという間に時間が経ってしまいましたよ。

一緒に食事した子は、
1年前くらいからちょこちょこ遊んでるんだけど(女の子ね)、
とってもとっても素敵で大切なお友達です。
今回わぶっちゃけ論を沢山お喋りして、
壁がまた1つ取れた気がしました。

おいらわ、男と女の友情わ絶対に成り立たない、ってずう~っと思ってたけど、
んっ!? そんな事もないのかな? なんて少しだけ感じた夜でした。
皆さんは男女の友情は成り立つと思いますか???

コレクション ・・・。

1月に修理&オーバーホールに出した「ブルガリ」の腕時計、
ピッカピッカになって戻ってきました。 ヽ( ´¬`)ノ ワ~イ
約2ヶ月ぶりの再会です。

korekushonn01.jpg

預けた時わ、結構キズだらけ状態でしたが、
見事、新品のように磨かれて復活しました。
見違える程に綺麗になったよ。
今回、修理した内容はコチラ。

korekushonn03.jpg

そして掛かった費用わコチラ。

korekushonn04.jpg

占めて ¥60,900- 。
まぁ、こんなもんなのかな・・・。相場がよく分かりません。

で、コレがおいらの現在の時計コレクションです。

korekushonn02.jpg

1つは再起不能になってますし、1つは蓋の中に時計が入ってません。
なので、実質使用できるのは2つだけですが、
並べるとなんだか嬉しいのだ。

おいらわやっぱり、
今回戻ってきたメタルブレスの「ブルガリ」が1番のお気に入り。
先日の誕生日に貰った「コーチ」も気に入り出してますが、
3年以上も使っている愛着ですかね、やっぱコッチが気に入ってます。
あっ、コッチってコーチの事じゃないですよ(焦)。

コレで 『ブルガリアンなモヒロ』 復活です。
えっ、今まで違かったのかって!?
えぇ、修理期間中は 『コーチャーなモヒロ』 でした・・・。
って勝手に思ってました。

火傷 ・・・。

仕事中、本当にコーヒーばかり飲んでいるおいら。
本当わチェーンカフェ(ドトールetc)のコーヒーが好きなんですが、
最近わ節約の為にインスタントコーヒーを飲んでます。
「ネスカフェ ゴールドブレンド」です。

で、毎度「やかん」で湯を沸かして飲んでるんですが、
ついに今日、事件が勃発しました。

ついうっかりと、火にかけた「やかん」の横に、
「ゴールドブレンド」の瓶を置きっ放しにしてしまったのです。
そしたら何と、フタは溶けだし、瓶は熱々に・・・。
そして中の豆が見事に焦げました。

koumibaisenn01.jpg

写真、分かるかな? 瓶の内側に付着した豆が・・・。
この豆達が焦げてしまいました。フタを開けるとなんとも香ばしい香りが。
「香味焙煎」の出来上がりです!

なんて言ってる場合じゃなくて、
思わず瓶を手に取った瞬間、右手の指先3本が瓶に吸い付きました・・・。
えぇ・・・、軽い火傷を負いましたよ。
しばらく流水に浸しましたが今もヒリヒリしてます。

視力 ・・・。

工事中の敷地のフェンスに付いてた変な看板。

kannbann01.jpg

「工ご工・・・、」 いや、縦に読んだら「工事中ご協力・・・」 って。
凄っごく読み難いんですけど。

そしてよく見たらこんな注意書きが。

kannbann02.jpg

視力検査っ!?
一体、何の為に・・・、誰の為に・・・?
工事中の看板なんだから、こういうアイデアは要らないでしょう。
普通に書けばいいのに、って思った。

そして、今のところ、誰一人として視力検査をしてる人を見ていません。

水ぶくれ ・・・。

耳たぶの直ぐ下に「水ぶくれ」みたいのが突然できた。
直径1cm程度で、触ってみるとプニプニしてる。
痛くも痒くもないけど、もしかしたら悪い病気なんじゃないかって、
不安になってしまい、とりあえず病院に駆け込みました。
おいら、年末年始の病の件で、かなり臆病に、そして敏感になってます。

しかし診断結果わ、「大丈夫でしょう。」・・・って。
おそらく軽い感染か何かで、抗生物質を呑めば治まるでしょう、って。
安心した。良かった良かった。

しかし、薬を受け取る際に、調剤薬局で40分くらい待たされた。
もう少し効率よくできないものですかねぇ~・・・。
待ってる人わ4~5人程度だったんですよ。

ピザピザ ・・・。

今日わ仕事後に友達と地元(代々木)で飲み。

nomi031400.jpg

そしてやっぱり・・・、

nomi031402.jpg

ピザ、ラスト1枚がぁ・・・。
っつぅ~か、またピザって・・・。

パリっパリでお菓子みたいなピザだった。
まぁ、飲み屋のピザですからねぇ~、仕方ないか。

ピザ ・・・。

今日(いや、昨日13日か・・・)は、
仕事後、会社の仲間ん家に行って、ミニピザパーティーを開催。

piza02.jpg

ピザ、美味しいね。
やっぱマルゲリータわ最高っ!
そして・・・、よく目にする光景が・・・。

piza03.jpg

大勢でピザを食べると、ほとんどの場合、最後の1片だけが残ります。
不思議と最後の1枚わ誰も手をつけないんですよねぇ。

春間近 ・・・。

オフィス近くで春を見つけたよ。

ohana01.jpg

仕事後 ・・・。

仕事後にオフィスで皆で缶ビール。

sigotogo00.jpg

おいらわ1人でカクテルパートナーですけどね・・・。
ビール苦手。

専用プリンター ・・・。

オフィスに新しいカラープリンターをドォ~ンっと導入しました。

purinnta-01.jpg

なので今日の日中はプリンター入れ替えの為に、
オフィスに業者さんが来ててバタバタ状態でした。

まぁ、その時間帯、
おいらわ外出してたんで何も手伝ってないんですけどね・・・(汗)。
そしてコレ。

purinnta-02.jpg

おいら専用のプリンターも導入です。
新品ノートPCとモニター、そして専用プリンターが揃いました。
デスク周りは準備万端。ますます仕事がし易い環境に! (*´∀`)/ ウレシイネェ

しかし、オフィス機器ってこの色が定番だよね。
もっとカラフルで斬新な色もあればいいのになぁ・・・。
この色が一番オフィスに馴染む色なのかも知れないけど、
なんだか古臭くておいらわ嫌いです。

醤油事件 ・・・。

今日は、ちと仕事がバタバタとしてました。
まだ営業かけてないってのに早速、仕事(企画)の依頼が来ちゃったりしてね。
なので今日のお昼はオフィス目の前にあるオンボロ弁当屋(ホカ弁?)で、
シンプルなお弁当「メンチカツミックス弁当」を買って食べました。

benntou00.jpg

もうね、文句だらけですよ!
だってね、ご飯以外、全ての具材が冷たいんですよ。
冷めてるどころの騒ぎじゃなくて、完全に冷え切っているんです。
しかも、メインであるメンチカツまでもが冷たいって!!!

そして、更にガァァァ~~ンッ!
そ、そ、袖がぁ~~~っ!

shimi00.jpg

買いたてのワイシャツ醤油事件、勃発ですっ!

毎度の事ながら、シミを取る前にまず写真・・・。

そして、食後のコーヒーでも飲もうと思ったらミルクが切れてて、
棚の奥の方を探してみたら、・・・出てくるもんですね、
ミルクのストックを発見しました。

良かった良かった、と思ってフタを開けてみたら・・・、

miruku00.jpg

チーズ状態になってるし・・・。
いつのミルクだよ、コレ・・・(泣)。

液晶モニター ・・・。

オフィスに液晶モニターワイド(20インチ)が届きました。

ekishoumonita-00.jpg

嬉しいぃ~っ! ヾ(´▽`*;)ゝ" ヤッタァ
とりあえずデスクトップ背景わ「田中美保」ちんです。

詫び ・・・。

4日間もブログを放置してしまいました(焦)。
月曜日から新会社にて仕事を再始動しまして、
この1週間わ連日、お客さんのところへの挨拶廻りや飲みの席があり、
そして、新プロジェクトの事で頭がいっぱいだった事も重なり、
すみません、しばらくブログを開く事すら怠ってました。

メールでご心配いただいた皆さん、おいらわ元気ですよ。
ちょっと仕事再始動でバタバタっとしてただです。
この週末で少し時間を取り戻せますので、
またぼちぼちブログ更新をしていきます。

新感覚 ・・・。

この記事、書くの2回目です。
サーバーの調子が悪くて、UPしようとしたら原稿が消えました・・・。
(´∀`) ハハッ、キエチャッタヨ…
そんな訳で、苦労して2回目を書き上げましたので、
できれば最後まで読んでくれたら嬉しいです。

さてさて、前置きわさておき本題を。

大統領を撃ち抜いた1発を、あなたは8回目撃する・・・。
映画「バンテージポイント」を観ました。
米大統領暗殺・爆破テロ事件(僅か20分程度の出来事)を、
目撃者8人の異なる視点から、時間を繰り返し戻して真実に迫る作品。
緊迫感あふれるサスペンス映画なのです。

bannte-jipoinnto01.jpg

※以下、ネタばれ注意です。

おいらの感想。

新感覚の手法(同じ場面を違った視点から繰り返し観せる)わ圧巻です。
これまで、同じような手法を用いた映画わありましたが、
(Aさんの裏でBさんわこんな行動を、みたいな、)
この作品わソレらの手法とわ少し異なります。

今の描写が次の描写へ影響を与えるという画期的な表現方法なのです。

“バンテージ・ポイント“ とは日本語で “観点” という意味。
タイトルが表わすとおり、この20分程度の出来事を、
8度も観点を変えて(8人の目撃者の視点で)見せる。
観点の持ち主はそれぞれ異なっていて、
シークレット・サービスや一般の聴衆、現地の警官、大統領本人など計8人。
ある人には見えなかったものが、別の人の視点には見えている。
ココが面白いポイント。
つまり、20分程度の出来事を視点を変えて繰り返しリピートする度に、
意外な事実が浮き彫りになる仕組みなのです。

とにかくこの斬新な手法に引き込まれてしまい、
存分に楽しむ事ができましたよ。

ただね、ラストがあっけなさ過ぎて残念・・・。
正直、ラスト部分のカーチェイスシーンは不要、
(この作品にアクションは要らない)と感じましたし、
うぅぅぅ~ん、「オチ」がイマイチ面白みに欠けてました。

前半部分から中盤部分に掛けてわ、かなり興味深く引き込まれましたんで、
「オチ」さえしっかりしてれば満点映画に成り得る作品だったのにぃ・・・。
おいら個人的な希望としてわ、大どんでん返しを期待してました・・・。
ラストが残念だった為、評価点わ一気に減点となりまして、
結果は、72点くらいかな、・・・と。

とわ言え、映画館で見て損した気分にわなりませんでしたし、
普通のサスペンス映画に飽きた人にわ超お勧めの作品です。
機会があったら観てみてくださいね。

スペアキー

スペアキーを作りに銀座駅の鍵屋さんに行きました。
いろんな柄の鍵が作れるのね。

kagi01.jpg

おいらが選んだ柄が気になる方は「more」をクリック。
↓↓↓↓↓

more...

青山ランチ ・・・。

今日わ、青山・表参道付近のお得意さんの会社へ挨拶回りをしてきました。
お昼わ、青山にあるレストランカフェでランチしました。

rannchi01.jpg

「手作りハンバーグランチ」を食べたのですが、
本格的なミネストローネスープと食後のコーヒーが付いて、
そしてこのメインプレート。

rannchi02-02.jpg

見た目も手が込んでいて鮮やかでしょ。
目で見ても美味しいし、味ももちろん美味しかった。
これで 1,000円ですから得した気分です。
店員さんの愛想も良くて、とっても素敵なランチでした。

また青山に来たら寄りたくなってしまうカフェでした。
モヒロのランキング
総合検索数
11月11日
現在
順位 検索ワード  
1位 モヒロ 叙情詩 --
2位 ドラクエIX星空の守り人 1.0
3位 バンデイジ 0.5
4位 六本木 クラブ 0.5
5位 misonoちゃんの裸 2.0

モヒロのランキング
音楽 iPod 調べ
11月11日
現在
順位 再生回数  
1位 Whiteberry --
2位 Whiteberry 1.5
3位 Whiteberry 1.0
4位 Whiteberry 1.0
5位 Whiteberry 0.5

モヒロのランキング
理想の女性有名人
11月11日
現在
順位 名前  
1位 北乃きい --
2位 稲月彩 1.0
3位 相武紗季 4.5
4位 松尾翠 2.0
5位 朝日奈央 0.5
次点 前田由紀
次点 ペ・ドゥナ

モヒロカウンター

叙情歌NEWS

連載シリーズはじめました

仕事奮闘記、恋愛編の2本です

よかったら読んでね

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。